faxを一斉送信するソフトはこんな場面での利用がベスト

faxを一斉送信する方法はいくつかありますが、パソコンにソフトをインストールしてfaxを送信する方法に関してのメリットを述べるのであれば、原稿をパソコンで作成し、そのままパソコンで送信作業に移れるという事が最大のメリットでしょう。またfax機器で相手の番号にダイヤルして送るという手順よりはるかに手間がかかりません。逆にデメリットと呼べるのは、インターネットの接続だけでなく電話回線も利用するので送信作業中は電話を使う事が出来ない事、そして電話回線を使って大量のデータを送信するので、相応の通信料がかかるという事です。以上を踏まえてfaxソフトを使用しての一斉送信を使うべき場面は、どうしても急ぎかつ大事な要件で、それも複数個所にfaxを送りたいという場合では無いでしょうか。

faxをソフト以外で一斉送信する方法

ではfaxソフトを利用する以外の一斉送信が行える方法は何でしょうか。ソフトを利用する以外の方法だと、1つは単純にfax機器の機能を使用する方法があげられます。機器に予め相手先の番号を登録しておけば、機能の1つとして一斉送信が可能です。メリットとしては機能の1つなので、一度番号を登録すれば何度でも送ることが出来るという点でしょう。デメリットとしては、もちろんそれが機能として付いている機器限定となりますし、fax機器に登録できる番号には上限がある為、無作為に近いような大量送信には不向きという事です。ただこのデメリットは、faxを送る相手は数人に固定されている、もしくは普段はメールで大事な用件だけをfaxで送るという使い方をしている方ならば無視することが出来ます。

faxをソフト以外で一斉送信する方法2

前の段で挙げたfax機器の機能を使って一斉送信する方法は、一斉送信の数が少ない方に振れました。では今度はより多く一斉送信する方法について説明します。それはインターネットfaxを利用する事です。メリットは何よりfaxソフトを利用した時のデメリットである電話回線の使用がありませんので、純粋に時間と通信料が節約できます。デメリットとしては、こちらはこちらでインターネットfaxのサービス会社と月額契約を結ばなければならない為、送信量や頻度によっては電話回線での通信料を上回ってしまう可能性がある事です。また、更に大量の一斉送信を行いたい場合は、faxの一斉送信を代行する業者に依頼すると言うのも1つの手です。メリットとしては原稿と送付先を用意すれば後は全てやってくれるという安心感、デメリットとしては、誤字などを見つけても途中で差し替える、という微調整が出来ない事です。