メリットデメリットから見るfax一斉送信のソフトの機能

faxは今や一般的になっていますが、使用している人は少ないかもしれません。faxとは、電話回線を利用して、文字や画像情報を送信するもので、インターネットが普及する前は非常に多くの人たちが使っていました。何故なら、電話では伝わらない画像情報などが明確に伝わる為、便利だったからです。一般的には画像や文字などの情報は郵送というかたちをとるしかありませんでした。郵送には時間がかかる為、タイムロスが発生していました。それを解消してくれたのが、faxです。リアルタイムで送信できるため、時間を効率よく使う事が可能になりました。しかし、インターネットが普及してきた現在において、faxの存在感は薄れてしまいました。メールというものが出てきてからというもの、画像データなどはメールで送信するという事がメインになってきたのです。そんな時代でもfaxを活躍させてくれる一斉送信のソフトがあります。

faxの一斉送信ソフトについてご紹介します

faxの一斉送信ソフトとは、どういったものでしょうか。faxは電話回線を利用します。そして、fax機器が必要になります。ファックスソフトと呼ばれているものですが、簡単な操作でfaxの送受信ができるものもあります。相手がfaxを希望しているけれどもfax機器が無いと言った場合でも、ソフトを利用すればパソコンからfaxを送信する事ができるという事になります。また、パソコンで作成した原稿をfaxで送信する場合、一度印刷しなくてはなりません。そうすると紙やインクを消費してしまう為、そのコストを抑える為にもパソコンでfaxを送信するというのはメリットがあります。fax機器があっても、それをパソコンとつなぐ事でパソコンから直接送信できるようになります。こういったものは、インターネットファックスとも呼ばれています。

faxの一斉送信ソフトのメリットとデメリットについて

faxの一斉送信できるソフトのメリットを挙げていきます。先述の通り、fax機器を持っていても持っていなくても使用する事が可能です。一度印刷する必要も無ければ、受信したデータを印刷する必要もありません。その為、紙やインク、トナーと言った消耗品のコストを削減する事が可能です。一ヶ所だけでなく複数個所に同時に送信する事も可能ですし、送信時間を指定する事もできます。次にデメリットを見ていきましょう。電話回線が必要となるのは、faxと同じです。電話回線という事は、相手先が遠くなれば通信費も高くなります。また、送受信の時間も長くなってしまうので注意が必要です。このデメリットを解消してくれるのが、インターネットファックスです。メールに添付という作業よりは簡単にデータの送受信が行なえる為、作業効率も上がります。何よりインターネットを利用するため通信費は全国どこでも均一です。