業務効率化につながるfax一斉送信のソフト

個人や企業がfaxにdmを送ることで、取引相手やこれから取引を見込める相手に対して、広告のチラシやメールを送信していく営業方法は、手軽でコストも低いために今では一般的です。以前のように紙媒体を使うチラシでの広告は、業者に頼む印刷代や運搬費用などの人件費もかかりましたが、近年ではインターネットの普及が当たり前になり、faxで送信をすればよいだけですので、この方法で営業をしていく需要は企業や個人の間で急速に拡大してきたのです。相手のfax番号が分かれば送信できますし、一斉送信ができるソフトもありますので、より簡単な業務になってきています。業務にかかる人的な負担も減らすことができて紙媒体よりも費用面が安くて、その上、一斉送信のソフトを使うことで業務の時短にも繋がる点でも数多くのメリットがあるのです。

faxの一斉送信のソフトを扱う業者に依頼する

営業にかかる広告費のコストが削れることでfaxのdmはメリットがあり需要がどんどん広がっていますので、今では多くの代行業者も参入しているほどです。小規模な送信数であれば自社社員がするのもいいでしょうが、大きな企業や取引先が膨大な場合には、間に代行業者に入ってもらって業務を依頼するのも効果的です。多くの業者では一斉送信のソフトを活用して、膨大な相手先へもどんどん送信をしてくれますので、依頼する側は本体の業務だけに集中ができる点ではメリットも大きいです。自社に代わりfaxでの一括送信を行うオプションを選ぶだけで、今まで企業側が送信に関わっていた業務時間やそれを行う人員を削減することにも繋がりますし、それによるコスト削減は企業の収益にも関係してくることから、さらにメリットが広がっていくと言えるでしょう。

faxの一斉送信のソフトを使える環境が必要

faxを一斉送信するソフトを扱う点でのデメリットといえば、パソコンをfax代わりに使う時に電話回線とモデムが必要になる企業もあるということです。fax機や複合機と同じ回線を使って送受信を行うのですから、新たな番号ではなく電話と同じ番号を使って一斉送信をする場合には、同時に使えないという問題が起きますので、これが自社や相手会社にとっての業務の支障となる場合があります。またこれを避けるための専用回線を用意した場合には、通信費も余分にかかることになります。電話回線は相手の距離が遠くなると送信にかかる料金も高くなりますので、その点でも注意が必要です。以上のことから電話回線ではなくネットファックスが理想となるため、一斉送信のソフトを使うためにはまずは充実したネット環境が必要となり、それにあてはまっていない企業の場合には何らかの対策を立てる必要もあります。